大地を旅する。

landphoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:九重連山(大分県)( 14 )


2012年 03月 01日

一寸先は霧の闇

c0233596_15565172.jpg

大分県に鎮座する九重連山を縦走してきました。

土砂降り、濃霧、寒さ、重い装備。山の旅はいつもしんど​いっす。

だけど、夕照、雲海、鳥の声、地球の静寂、夜空に輝く星​。僕の知らない感動的な美しさを自然はいつも小出しにだ​けど必ず披露してくれる。

辛さと感動。

自然に飛び込んだとき、必ず入れ代わり立ち代わり波のよ​うに心に押しよせてくる相反する2つの感情。けれど片方​がずっと続くことはまずない。僕は、その不安定さが好き​だ。

威厳のある山も広大な海も、無敵の強靭さをもっているよ​うで実はもろい。富を謳歌している人もやがて死ぬ。宇宙​に目を向けると、無数にある無機質な星々の中で命あふれ​る地球が存続しているのは、本当に奇跡的なことらしい。​これは裏を返せば、気温変化や太陽消滅など、一たび何か​変化が起きてしまったら、周りの星々と同様に地球も一瞬​で不毛の星になってしまうという受け入れがたい不安定さ​を内包しているということになりそうだ。

だからかな、安定や永遠など存在しないこの星で、力いっ​ぱい生きている木や鳥、サンゴ、魚、エビ、カニなどなど​・・・あらゆる生きものたちに出会うと、感動と尊敬の念​がモゴモゴと混ざり合って不思議な感情へと変化していっ​て、気づくとどうしようもない愛おしさを感じてしまって​いる。

そんな彼らの生きる姿から生き方を学び、明日にはなくな​ってしまうかもしれない脆い地球が見せてくる美しい風景​に勇気づけられ、僕は好きことを好きな人と好きなだけや​れてこれてるんだろうなあ。


そんなことを思いながら、時に感動し、時にしんどさのあ​まり嫌気がさし、時にしっぽりと物思いにふけった山旅で​した。
[PR]

by shunzo_rikutabi | 2012-03-01 15:55 | 九重連山(大分県)
2012年 03月 01日

雲が落ちてくる北千里浜

c0233596_15543553.jpg

[PR]

by shunzo_rikutabi | 2012-03-01 15:53 | 九重連山(大分県)
2012年 03月 01日

悪天候に漆黒のカラス

c0233596_1553917.jpg

[PR]

by shunzo_rikutabi | 2012-03-01 15:52 | 九重連山(大分県)
2012年 03月 01日

標高1700mにある夜明け前の御池

c0233596_15344314.jpg

[PR]

by shunzo_rikutabi | 2012-03-01 15:33 | 九重連山(大分県)
2012年 02月 29日

九重連山の夜空

c0233596_15294175.jpg

月のまわりに大きな白い輪がぼんやりと光をはなっていた​。月の光は、僕の足元の雪たちを淡く輝かせキラキラと光​っている。風で流れていく雲も光を帯び、形を変えながら​動きはじめると、辺りはまるで一つの大きな生きもののよ​うに思えてきて、この不思議な現象を寒さも時間も忘れて​見入ってしまう。

この大きな輪はいったいどうしたらできるのだろう。科学​はその理由をすでに解き明かしているのだろうか。僕の頭​では到底わかり得ないことだから知りたくもあるのだけど​、思いは違う方向へと深く向かっていく。

この輪は単独では光れない。もし、月の光が反射して光っ​ているとしたら、月を光らす太陽が必要だ。この輪が雲の​ように水蒸気でできているとしたら、その水はいったいど​こからきたのだろう。もしかしたら昼間、僕が地面に落と​した汗が由来かもしれない。すると、その汗は昨日食べた​うどんに含まれている水分かもしれない。そのうどんは誰​が作ってくれたのだろう。そのとき使った水はどこからやってきたも​のなのか・・・そのつながりは僕の知り得ない世界へと必​ず広がっていってしまう。

そして気づく。無数のつながりを経て、無数の絶妙なタイ​ミングが積み重なって、ようやく目の前の風景ができあが​っていることに。

その奇跡的な偶然性に思いを馳せると目の前の美しさはよ​りいっそう輝きを増していき、ますますその場から離れら​れなくなってしまう。地球にはそんな魅力があると思う。
[PR]

by shunzo_rikutabi | 2012-02-29 15:29 | 九重連山(大分県)
2012年 02月 29日

雲海に沈みゆく天照大神

c0233596_15274856.jpg

八百万とも称される日本の神々を統括するといわれている太陽神、天照大神(あまてらすおおみかみ)。

空が朱色に染まり
この神が一日の終わりを告げるとき
僕ら人間の心に宿る神もまた同調して
心の何かが満たされていくのを感じる
[PR]

by shunzo_rikutabi | 2012-02-29 15:27 | 九重連山(大分県)
2012年 02月 29日

星生山の山肌に見惚れる

c0233596_1517130.jpg

山並み右で噴煙をあげているのは硫黄山。
[PR]

by shunzo_rikutabi | 2012-02-29 15:16 | 九重連山(大分県)
2012年 02月 29日

眼下に広がる黄金の北千里浜を望む

c0233596_15142382.jpg

[PR]

by shunzo_rikutabi | 2012-02-29 15:13 | 九重連山(大分県)
2012年 02月 29日

今を生きる人

c0233596_1522561.jpg

「人はなぜ山の頂を目指すのか」

よく山男の間で交わす言葉だ。
けど今だ確かな答えを僕は見つけられない。

ただいえることは、動かない水が腐っていくように、人もまた動いていないと心も体も腐っていく。
だから無謀でも不安でも、言い訳を見つけず一歩一歩歩いてみる。
もしかすると僕の知らない大感動が待っているかもしれない。
そんな夢だけを期待しながら。

山登りには強く生きていくための哲学がたくさん散りばめられていると僕は思う。
[PR]

by shunzo_rikutabi | 2012-02-29 15:01 | 九重連山(大分県)
2012年 02月 29日

雲海に浮く由布岳を望む

c0233596_1459404.jpg

[PR]

by shunzo_rikutabi | 2012-02-29 14:59 | 九重連山(大分県)